前の記事 TOP 次の記事

2008年05月23日

緑の家

midiri-ie-1.jpg

ここは桐生市。
古い街並みで売り出す本町一、二丁目、有鄰館にも近い
「新町西路地裏」の一角といってもよいでしょう。

知る人ぞ知る。

蔦(つた)の絡まるチャペル、ではなく、
建物全体に蔦が絡まって、緑一色になった家。

midorinoie2.jpg

いや。手前の緑の建物は蔵のようですね。

草木の繁茂がものすごい季節。
木造の日本家屋のほうも、びっしりと緑に覆われ、窓も塞がれてしまいました。

と、いうわけですが。

桐生市民活動推進センター「ゆい」のスタッフが書いている、この「ゆい@blog」。

ご愛読者からは、まあ、市民活動、NPO活動にまつわる真面目な真正面な話もいいけどさ、たまには肩の凝らない、気軽に読んで楽しめる、バカバカしい話も書いてよ、というご要望もございます。

そりゃ、そうですよね。

建設的な意見だとか提言だとか
真摯な反省だとか自覚だとか
「思い」が届くとか届かないとか
真に豊かなまちづくりだとか市民社会だとか
交流だとか連携だとか協働だとか
情報発信だとかネットワーキングだとか

それはそれで大事ですが、もちろん。
それだけじゃあ、確かに

堅っ苦しいや。

そして

暑っ苦しいや。

ねえ。
そうでしょ、ダンナ。

硬直化するしね。

それにね。
説教みたいなこと、教訓みたいなこと、難しげなことばっかり、理屈をこねくり回して書いてると、
書いてる本人が、自分が少しばかり利口になったかと勘違いしちゃう。

これが危ない。
これが危険(同じこと言ってますが)失恋

新聞で「社説」だの「論説」だの書く人が陥りやすいんだな、これが。

まちなかで気づいた、ちょっとした話題、
路地裏探訪みたいな話も、野山歩きの話も、
「スタッフのひとりごと」みたいな話も、どんどん書いていきまっしょい。

ひらめき

さて。
きりゅう市民活動推進ネットワークの一大事、
平成20年度通常総会が、あす5月24日(土)午後2時から
桐生市市民文化会館4階の国際会議室で開かれます。

これまでにもお知らせしたとおり、
議事終了後には総会記念講演会「市民活動の風―ネットワーキングの活性化―」があります。
きょうも桐生市役所へ出向いた折、あちこちで少しPRしてきました。
みなさん、来場してくれるでしょうか。

↓総会記念講演会チラシPDFファイル参照
soukai-kouenkai-08-color.pdf

じつは、講師の常磐大学大学院教授、吉永宏さんは、すでにきょう23日に桐生入り。

役員の案内で、またお一人で、桐生のまちのあちらこちらをご覧になったようです。
私もお目にかかりました。

今夜は歓迎会。

あすの講演、楽しみに聴かせていただきます。

柄澤台風
posted by 「ゆい」スタッフ at 19:45 | お知らせ
前の記事 TOP 次の記事